初めての公園で意地悪な子に遭遇。社会の洗礼を受ける

初めての公園で意地悪な子に遭遇。社会の洗礼を受ける

公園

主人が休日出勤でいないので、今日は娘と二人きりでした。良いお天気だしせっかくのお休みだから出かけようか?と娘に言うと大喜びでしたので、お弁当の準備をして少し遠くの公園へ遊びに行くことに。大きな遊具のある公園なので家族連れも多く、たくさんの子供たちが遊んでいました。

 

たまたまベンチとテーブルが空いていたのでそこにお弁当を広げて2人で仲良く食べていると1人の女の子が来ました。多分背格好から娘より少しお姉さんの印象を受けました。そしてその女の子は「何歳?」と聞いてきたのでもうすぐ4歳になるよと娘が答えると睨みつけながら「じゃあまだ赤ちゃんだね!」と言い捨ててどこかに行ってしまいました。

 

娘はいきなりそんなことを言われてショックだったようで泣きそうな顔をしていましたが、私が何とかなだめて大好きなキャラクターのお菓子を食べるとすぐにニコニコ顔になってきちんと片付けて遊具の方へ向かいました。するとそこにはまたあの女の子がいて「赤ちゃんは遊具を使っちゃいけないんだよ!」と大声で娘に叫び突き飛ばしてきました。

 

さすがに娘も腹が立ったのか「なんでそんなこと言うの!!」と怒るとその子は半泣きになりながら「いけないんだよ!」と言い返して地団太を踏んでいました。せっかく公園に楽しい気持ちで来たのにこの子の保護者はどこだろうと探しましたがあたりにはいない様子。

 

いろいろと面倒なのでその子のそばに寄らないように親子で別の小さい遊具のほうに行くとまたその子がついてきたので、娘には相手にしないように言い聞かせ親子で遊びました。それでもその子も付きまとってきてブランコなど1つしかない遊具を娘がやろうとすると威嚇してくるので、娘も私も疲れてしまいもう帰ろうと帰路につきました。せっかく出かけたのに散々な日でした。