地元に帰ったら喉の痛みがとれた。乾燥が喉不調の原因だった

地元に帰ったら喉の痛みがとれた。乾燥が喉不調の原因だった

春休みになり娘をつれて実家に帰省しています。実家に帰るとやっぱり地元はいいなって思います。今現在寒冷地に住んでいるので、3月に入っても朝晩はまだ寒いです。地元は神奈川県なので暖かくて良いです。帰省する前に少し風邪を引いていて、喉の調子が悪かったのですが、それもなぜか治ってしまいました。

 

普段アパートに住んでいるのですが、部屋が乾燥しているせいか、喉を痛めることが多いです。実家は一軒家で湿度が適度にあるせいか、喉が痛くなることはないです。温度も適温で3月ならもう暖房はほとんどいらないです。アパートでは4月でも暖房が必要な時があるほどです。冬場は暖房を使用するので、どうしても乾燥します。寝ているときも使用するので、のどがからからになります。

 

加湿器は電気代がかかるので、濡れタオルを部屋にかけて対応していますが、それでも乾燥しています。部屋の湿度が40パーセントになることがほとんどです。お茶を飲んだり水を飲んだりして、喉をうるおすようにしていますが、それでも喉を痛めます。

 

実家に帰ってきて喉の痛みがとれたので、やっぱり乾燥が良くないんだなって再認識しました。電気代かかっても加湿器を使用しようかと迷い中です。今は電気じゃなくても加湿器が利用できるのがあるそうなので、それを量販店で探そうかと思案中です。

 

一緒に帰省している娘も喉の調子が悪かったのですが、同じく治ったようです。「喉が痛い」と言わなくなりました。いくら薬をのんでもなかなか治らなかったので、良かったです。なにはともあれ、春休み中は実家にいる予定なので、久々の地元を満喫しています。喉も潤って良いです(笑)。